トラベルクリニック海外赴任者センター:食べ物・お水への注意について学ぶトラベルメディシン(travel medicine)

食べ物・お水に注意

こまめに手洗いをする

外出から戻ってきたとき、お食事の前、トイレに行った後はできる限り石けんを使って、しっかりと手を洗いましょう。感染症の原因となる微生物は、土、水、動物や人の体など、あらゆるところにいます。それらが食べ物や手につき、口に入って感染を起こします。

手洗いはこまめにし、食事の前には必ず石けんと水で手を洗いましょう。きれいな水が使えない場合には、手洗い後にアルコールハンドジェルを使用するとよいです。

また不衛生な手で目などを触ると結膜炎にもなりやすいので注意しましょう。

生水は飲まない

飲料水が汚染されていると、危険な微生物に簡単に感染してしまいます。疑わしい場合には飲まないようにしましょう。一流ホテルのレストランでも、ミネラルウォーターを注文したら、目の前でキャップを空けてもらいましょう。入れ物がミネラルウォータでも中身は水道水ということも考えられます。もし、水道水を飲まないといけない場合は、沸騰してから最低1分間経ってから(標高2000メートル以上では3分間)にしましょう。水を沸騰させるための器具がない場合は、飲料水消毒用薬剤を購入して使用する方法も考慮しましょう。

ジュースや乳製品は信頼のできるところで購入し、特に乳製品は冷蔵保管し、開けたらすぐに飲みましょう。

氷を避ける

氷は水道水から作られていることもあります。そのため、お水には注意したけど、飲み物の中に氷が入っていたなんてこともあります。注文の際にはNo iceと付け足しましょう。また、カクテルなどのアルコールを注文するときも注意しましょう。

生ものは避け、加熱されたものを熱いうちに食べる

完全に火を通すことで、微生物は殺菌されます。

料理は中まで完全に火がとおっているか確認し、熱いうちに食べましょう。生の魚介類、赤みの残るピンクの肉汁が出ているような鳥肉、生の部分が残るミンチ肉やバーガーは避けて下さい。こうした食べ物は有害な細菌に汚染されている可能性があります。

屋台やホテル・レストランのビュッフェで食事をする際には、調理済みの料理が生の食べ物に接していないか、何時間も常温に置かれていないかなどを確認しましょう。特に屋台では出される食器類にも注意が必要です。

サラダや添え付けの生野菜は避ける

サラダや添え付けの生野菜は水道水で洗ってある可能性がありますので避けましょう。

フルーツは自分で皮をむいて食べる

カットフルーツは水道水で洗ってある可能性に加え、カットしてから時間が経っている可能性もあります。フルーツは自分で皮をむいてその場で食べましょう。

PAGE TOP