トラベルクリニック海外赴任者センター:普段から風疹、麻疹、おたふく風邪や破傷風の抗体をつけて起きましょう。

命を守る予防接種の大切さ

予防接種には2つの側面があります。

一つは日本にはない感染症に海外で感染することから自分を守るためのものです。行き先、滞在期間、目的によりお勧めされる予防接種ワクチンは異なりますので、事前の確認が必要です。もう一つは、入国時に予防接種証明書を必要とする国(地域)があるので必要なもので、国際条約で定められている黄熱病ワクチンの接種などがあります。病気の拡散を抑えることが目的ですが、飛行機でのTransitだけでもこの予防接種証明書を求める国もあります。

病原体によっては治療薬が開発されていないものもあります。そのような病原体に対してはワクチン接種により事前に身を守ることが大切です。行く国、場所(都市部、地方)、滞在期間や行動内容、更には流行している感染症をしっかり把握し、出発前から免疫をつけておくことが大切です。品川イーストクリニックはトラベルクリニックとして世界各国国別感染症情報を提供しております。

また、幼少期の定期接種は年齢と共に抗体価も低下します。海外出発にかかわらず、普段から風疹麻疹おたふく風邪破傷風ワクチンの追加接種も行っております。定期接種を終了されている方は追加接種を、また定期接種を完了しているかわからない方は抗体検査で免疫があるかないかわかりますので、ご相談下さい。

ワクチン接種を要求される場合

【黄熱病ワクチン】

黄熱ワクチンは、主にアフリカや南アメリカの熱帯地域へ入国の際に接種証明書(イエローカード)を提示しないと入国できません。また、これらの流行国からインドや東南アジアの国へ入国するときにも要求されますので、帰国時の乗り換えの時に必要になる場合もあります。
日本では検疫所検疫衛生協会でのみ接種が出来ます。

【髄膜炎菌髄膜炎ワクチン】

髄膜炎菌髄膜炎ワクチンは、イスラム教のメッカ巡礼(ハジ,Hajji)時期にサウジアラビアへ入国する際に髄膜炎予防接種証明書を求められます。当クリニックでも髄膜炎菌髄膜炎ワクチンの接種可能です。

【その他予防接種を要求される場合】

留学する方は入学の条件として、学校ごとに指定されている予防接種証明書の提出が必要な場合があります。
未接種の予防接種ワクチンがある場合は早めに接種をしましょう。
特に、生ワクチンの接種(麻疹水痘など)を2回済ませていることを求められる場合には、第1回目と2回目までには4週間空ける必要がありますので、早めに計画されるとよいです。

PAGE TOP