海外勤務者健康診断を実施。海外派遣労働者健康診断、一時帰国時健康診断、帰国時健康診断を実施。予防接種と健康診断を同日で受診できます。内科と眼科を併設。

注意事項

お食事について

  • 前日はアルコールを避けて下さい。
  • 尿検査がありますので、直前にトイレに行かないようご注意下さい。

胃部レントゲン検査のある方

  • 受診される10時間前までにお食事を済ませ、その後は絶飲食でお願いします。
    (検査終了まで、ご飲食はできません。)
  • 当日は朝食・水分を取らずにご来院下さい。(起床後、コップ一杯半分弱の少量のお水は可)
  • 血圧、心臓、糖尿病のお薬は通常通りに服用して下さい。その際にはコップ一杯半分弱のお水で服用して下さい。 ※飲食をされた場合は検査が出来ず、改めて検査を受けて頂く事もございます。

胃部レントゲン検査のない方

  • 受診される10時間前までにお食事を済ませ、検査当日のお食事は取らず、 空腹状態でご来院下さい。飴、ガム等のカロリーのないものも不可。
  • お水・お茶は検査直前までお飲みいただけます。
  • 血圧、心臓、糖尿病のお薬は通常通りに服用して下さい。
    ※お食事をした場合は、スタッフへお知らせ下さい。
PAGE TOP

便検査・肺がん検査・婦人科子宮細胞診検査をされる方へ

  • お送りした資料に各検査キットが同封されております。事前に採取していただき当日お持ち下さい。お名前、採取日をキットに必ずご記入下さい。

便潜血反応検査について

  • 便潜血反応検査は2回分ですが、無理な場合は1回分でもお持ち下さい。
  • 採取日は検査日の前々日以降が目安です。冷暗所で保管して下さい。
PAGE TOP

着替えについて

  • ネックレス、プラスチック、金具類、ブラジャーは外して下さい。
  • 無地のTシャツ(ハイネックもOK)・肌着は健診着の下に着用されても構いません。
    袖口のきついもの、厚手のもの、刺繍のあるもの、プリント、ビーズ付き、セーターは避けて下さい。
  • ストッキングは脱いで下さい。
  • 長髪は髪留めやゴムで上げて下さい。
PAGE TOP

過敏症について

胃の検査の注意

  • 今まで胃の検査で、バリウム服用後に以下の症状のあった方は必ず受付時にお申し出下さい。
    -発疹、のどがつまる、息がしにくい、顔色が青くなる、その他のアレルギー症状

採血時の消毒についての注意

  • 採血時の消毒にアルコールを使用します。アルコールに過敏に反応してしまう方は、必ず採血時にお申し出下さい。他の消毒薬を使用いたします。
PAGE TOP

通院中の方について

常用薬を服用している方へ

ペースメーカーご使用の方、人工透析中の方へ

  • 一部使用できない検査機器がございます。必ずご予約時にお申し出下さい。

妊娠中の方、妊娠の可能性のある方へ

下記の検査はお受けになれませんので、必ず受付時にお申し出下さい。

  • レントゲン検査(胸部・胃部)
  • 子宮頸がん検査
PAGE TOP

その他

生理中の方へ

  • 尿検査、便検査、子宮頸がん検査はお受けになれませんので、生理中の受診は避けるようにして下さい。

健診前日までの注意

  • 健康調査票等は事前に確認の上、ご記入下さい。
    (氏名、住所、連絡先、生年月日、年齢及び問診を記入)

健診当日の注意

  • ネックレス、エレキバン等、レントゲン検査に写る物は事前にはずしておいて下さい。
  • コンタクトレンズ使用の方は、眼底検査の際にはずしていただきます。レンズケースをご持参下さい。
  • 健診当日は健診着1枚になっていただきますが、ボタンのない無地のTシャツを着ていただいても構いません。
PAGE TOP