トラベルクリニック海外赴任者センター:世界各国国別感染病情報 携帯常備薬を処方いたします。

携帯常備薬

常備薬を携帯しましょう

海外で頭痛薬や胃薬を買うのは、名前の違いや成分の違いなどのため、スムーズに購入しにくいことが多いです。特に薬アレルギーのある方は注意が必要です。海外渡航(赴任)・海外旅行先での頭痛や腹痛、風邪をひいた時に、いつも飲み慣れているお薬があると安心ですね。当クリニックでは、医師との診察により常備薬の処方を行っております。症状に合わせて、飲み方、1日の服用回数などを細かく指示いたします。

基本4種類 - 痛み止め・風邪薬・腸整剤・下痢止め

痛み止め

自分にあった痛み止めを滞在期間より5〜7日分多く用意しましょう。頭痛、歯痛、生理痛などに効き、ほとんどの種類は解熱剤としても使用できます。

風邪薬

海外旅行では天候の変化や不規則な睡眠時間が原因で、軽い風邪をひきやすいです。自分の使い慣れた薬を持参しましょう。

整腸剤

水が合わなかったり、慣れない食事で胃腸に負担がかかることがあります。

下痢止め

東南アジア、中南米、インド、アフリカなどへ旅行する場合は、下痢止めも用意しましょう。症状がある場合は、充分な水分補給も忘れずに!

海外の赴任、旅行先での下痢は、その日の行動の支障になります。処方薬により早めに治しましょう。

目薬

一日中観光していると、見たり触ったりと普段の生活以上に行動します。

目の疲れもそうですが、さりげなく触った手が不衛生だとものもらいや結膜炎などへもかかりやすいです。抗生物質の入っている目薬を1本持っていると安心です。

虫刺され用軟膏

外出中だけでなく、衛生面でも日本と海外は違います。滞在先にもよりますが、洗濯されたシーツやタオルが肌に合わないことや知らない間に虫にさされることもあります。

虫刺され用軟膏はお肌が敏感な方も携帯すると何かと便利で役に立ちます。

ご予約方法

お電話にて携帯常備薬処方をご希望の旨お知らせ下さい。

頭痛薬・下痢止めなどの常備薬処方のご予約方法
PAGE TOP