マラリア予防薬 − マラリア予防薬マラロン(Malaron)やメファキンを処方いたします。虫除けスプレーDEETや防虫ウェアも取り扱い。

マラリア[Malaria] - 予防薬

マラリア

マラリア[Malaria]の発生状況

マラリア発生状況

熱帯から温帯にかけて分布しています。

季節、天候などによりマラリアが流行する地域は変わるので出発前に最新の情報を入手することをお勧めします。

マラリア予防薬の服用をお勧めする方

マラリア感染地域を旅行する方。特に流行時期に旅行する方は予防薬の服用を確実に守る必要があります。

マラリア熱の感染経路と症状、種類について

感染経路

マラリアはマラリア原虫と呼ばれる寄生虫の感染症です。ハマダラカがマラリア患者を吸血すると、血液中のマラリア原虫が蚊の中で増殖します。この蚊が別の人を吸血する際にマラリア原虫を体内に送り込み感染が成立します。体内に侵入したマラリア原虫は主に血液の中の赤血球に寄生し、赤血球を破壊することで発熱や貧血を起こします。

マラリアには、熱帯熱マラリア、三日熱マラリア、卵形マラリア、四日熱マラリアの4種類があり、原因となる原虫はそれぞれで異なります。熱帯熱マラリアは重症になりやすいので、熱帯熱マラリアかそれ以外のマラリアかを見分けることが非常に大切です。最近では、タイの森林を中心に二日熱マラリアも発生しています。

症状

マラリアは熱発作と呼ばれる発熱が主症状で、悪寒や震えを伴った発熱が1時間から2時間みられ、その後高熱が4時間から5時間続きます。この時に頭痛や吐き気を伴い、重症な場合には意識障害がみられることがあります。その後大量の発汗とともに解熱します。熱発作のパターンは初期には不規則ですが、熱帯熱マラリア以外は次第に規則的な熱型になっていきます。

熱帯熱マラリアの場合は、発熱に伴う症状が強く、不規則に発熱し、解熱時も健康感がない。早期に治療を開始しないと血中の原虫数は急激に増加し、脳性マラリア、ARDS、急性腎不全、代謝性アシドーシス、重症貧血を併発し死亡する大変恐ろしい感染病です。一方、その他のマラリアは比較的ゆっくりした経過をとり、一般的に良性マラリアとも言われます。

マラリアの種類 潜伏期間
熱帯熱マラリア 7日〜14日
三日熱マラリア 12日〜17日又はそれ以上
卵形マラリア 11日〜18日又はそれ以上
四日熱マラリア 18日〜40日又はそれ以上


当クリニック取り扱いマラリア予防薬

マラリア予防薬は数種類あり、どの予防薬を選択するかは旅行先のマラリアの種類、予防薬に対する耐性で異なってきます。種類によって、出発2週間前から服用、旅行を終わってから引き続き4週間服用を必要とするものもあります。また薬の服用も1日1錠、1週間1錠と色々な種類があります。最適の予防薬は最新の医療情報に従って決定いたします。

当クリニックでは、マラロン、メフロキン(メファキン)、ドキシサイクリン(ビブラマイシン)の処方をいたします。

予防薬の種類 アトバコン・プログアニル塩酸塩錠(Atovaquone/proguanil)
   
商品名 「マラロンR配合錠」
認可 国内認可あり
販売元 GlaxoSmithKline社
服用方法 服用開始時期:現地到着の1〜2日前から
滞在中:1錠/1日
マラリアの流行地を離れてから:7日間内服
副反応・禁忌* 胃のもたれ感などの胃腸症状。咳などがあるが軽微。
メリット 副反応が少なく、世界中で広く使用されているマラリア予防を目的に作られた薬。
デメリット 毎日1錠服用するため、錠数が多くなると高価。

*)掲載内容は全てではありません。

予防薬の種類 メフロキン(Mefloquine)
   
商品名 メファキン MephaquinR (1T=275mgメフロキン塩基)
認可 国内認可あり
販売元 久光製薬
服用方法 服用開始時期:現地到着の1〜2週間前から
滞在中:1錠/1週間
マラリアの流行地を離れてから:4週間内服(計4錠)
※5mg/kg(成人で通常1錠)
副反応・禁忌*

不整脈のある人は使用禁忌。

不安、不眠、眩暈、錯乱など精神神経系の副作用が多く、悪心、嘔吐、下痢、頭痛、洞性徐脈、胃痛、皮膚症状、食欲不振等が見られる。
精神疾患(うつ等)の既往のある人、4週間以内にハロファントリンの投与を受けた人、パイロットやマシンオペレーターなどの細かい微妙な動作を必要とする人、3日以内に経口生ワクチンを接種した人には禁忌である。また、β−ブロッカー、カルシウム拮抗薬やキニジン等の抗不整脈薬を服用している人には心毒性を、アンピシリン、テトラサイクリン、メトクロプラミド投与者にはメフロキンの血中濃度上昇を注意すべきである。5kg以下の乳児、妊娠第1期(初期)の妊婦には禁忌(妊娠の中期と後期では可能)。

注意事項

メファキン耐性のマラリアが東南アジア(タイ、カンボジア、ベトナムなど)には見られます。

めまいなどの副作用を合併することが多く、出発の2週間前から服用し(メファキンの副作用の確認と血中濃度を高める期間です)、それから現地入りしてください。

*)掲載内容は全てではありません。

予防薬の種類 ドキシサイクリン(Doxycycline)
商品名 ビブラマイシン(Vibramycin)
生産 国産
販売元
ファイザー株式会社
服用方法 服用開始時期:現地到着の1〜2日前から
滞在中:1錠/1日
マラリアの流行地を離れてから:4週間内服
副反応・禁忌* 副作用の大部分は悪心・嘔吐、食欲不振等、消化管障害と軽微。食道潰瘍を避けるため多めの水で服用する。長期服用は下痢や口腔にカンジダなどのカビが生えやすくなるといった副反応が見られます。また、光線過敏症を起こすことが多いため服用中は直射日光を避けなくてはならないなどの欠点もあります。
注意事項 カルシウムやマグネシウムと併用すると吸収されなくなるので、サプリメントを避ける

*)掲載内容は全てではありません。

防蚊対策

マラリア対策で一番大切なのは、ハマダラカに刺されないことです。
ハマダラカは黒い色を好み、夕方から夜明けにかけて吸血します。 防蚊のため以下の点に注意して行動して下さい。

  • 夜間の外出は避ける。
  • 長袖、長ズボンを着用する。特に夜間は明るい色の衣服。
  • 皮膚の露出部には虫除けスプレーを使用する。また、蚊取り線香も効果的である。
  • 部屋は密閉しエアコンを使用、不可能な場合は破れていない網戸を使用する。
  • 設備の整ったホテル以外に宿泊する予定のあるときは旅行用の
  • 蚊帳を持参する。

防虫・防蚊ウェア

マラリア予防 防虫ウェア インセクトシールド

<インセクトシールドの防虫ウェアの特徴>

  • アメリカ合衆国環境保護庁による防虫ウェアの登録許可
  • 70回の洗濯(製品の保証期間)耐久性があると保証
  • 加工プロセスと防虫の効果があるペルメトリンを独自の技術で配合、加工し、無臭の防虫効果
  • マラリア、西ナイル熱、日本脳炎、デング熱、黄熱などの恐ろしい感染症を媒介する蚊から身を守る

虫除けスプレー「DEET」(N,N-diethyl-m-toluamide)について

マラリア予防 虫除けスプレーDEET

マラリアやデング熱など、「蚊」にさされることで感染する病気に対しての予防法の一つとして欠かせないのが虫除けスプレーです。日本で一般的に販売されている虫除けスプレーは効き目が弱く、ディート(DEET)という成分が30%以上含まれていると海外の昆虫にも有効なので、購入時は成分の量も確認しましょう。日本では購入可能なDEETの濃度は最高12%までです。

尚、使用に際しては、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)では次のことを推奨しています。

  • 使用前に製品のラベル上の指示及び注意事項を全て読む
  • 傷やひりひりした皮膚にはスプレーしてはいけない
  • 使用するときは囲まれていない場所でスプレーする
  • 飲んだり吸入したりしないよう注意が必要
  • 衣服へ塗る場合、内側(皮膚に直接触れる部分)へ塗布しない
  • 帰宅後など、昆虫に接触する機会から離れた場合は速やかに石鹸等を使い、洗い落とす
  • 一度スプレーした衣類を再び着用する前に衣類を洗う
  • 子供同士で虫よけ剤を塗ったりスプレーしたりさせない
  • 乳児は、大人の手のひらで薄く延ばし、これを塗る
  • 特に乳幼児に対し使用する場合は手のひら、顔(特に目、口)を避ける
  • 虫よけ剤は子供の手の届かないところへ保管する
  • 夏場など、日焼け止めと併用する場合は、日焼け止めを最初に塗りその上に虫よけ剤を塗る

DEETに関するリンク:
厚生労働省 - ディートを含有する医薬品及び医薬部外品に関する安全対策について


マラリア予防に関するよくある質問

血圧のお薬を飲んでいますが、マラリア予防薬も一緒に服用しても大丈夫ですか?
はい。血圧のお薬でしたら大丈夫です。お薬の飲み合わせについては、メファキンと精神安定剤などとは禁忌となりますのでご注意下さい。医師の診察時に服用薬については必ず全てお答え下さい。
アフリカのコンゴに撮影に数日間滞在予定です。マラリアの薬は服用したほうがいいでしょうか?
コンゴはマラリア危険地帯ですので、数日間の滞在でも服用をお勧めいたします。マラリアのお薬にはそれぞれの特徴がございますので、どれを服用するかは医師や看護士とご相談いただけますのでご安心下さい。診察後に必要錠数のお薬をお渡しいたします。
マラリアの薬を服用中にしてはいけないことなど生活上の注意点はありますか?
はい。ございます。メファキンを服用中は乳製品を多く採るようにして下さい。お腹の中でお薬の吸収を高めます。ビブラマイシンは日光に対してまぶしく感じる症状が現れますので、日に当たらないようにして下さい。また、女性の方は錠数を多く服用されますとカンジダになりやすくなりますので注意が必要です。
虫除けスプレーDEETや防虫ウェアだけを購入することはできますか?
はい、可能です。DEETは在庫が少なくなることもありますので、ご希望の方はお電話にて在庫状況をご確認いただいたほうがよろしいと思います。また、防虫ウェアはサイズや色がございます。在庫がない場合は取り寄せとなりますので数日かかります。ご自宅へ代金引換も可能です。

トラベルクリニックとして

日本で生活する上では気にすることのない感染症。しかし、上・下水道施設が整備されて、非常に衛生的できれいな日本にはない感染症が世界にはたくさんあります。日本国内にはない感染症ですから、その感染症に対して無防備な状態で現地に飛び込んでしまったら、どうなるでしょう?感染症には軽症ですむものから重症化し入院や時にはあなたの命にまで危険が及ぶ怖い感染症もあります。健康である方も感染症にはかかります。

ワクチン接種を行うことによって、体の中に抗体(免疫)を付けてから現地に赴くことやワクチン開発のない(または開発中の)感染症からどのように身を守るかが大変重要です。

海外生活をより楽しくそして安全に過ごしていただくために、品川イーストクリニックではトラベル外来を実施しております。

海外で行われている予防医学学会へ積極的に出席することで、海外の医師との意見交流を行い、お越し頂く患者様へ的確なアドバイスを行っております。ご自身の身を守ることはもちろん、周囲への二次的感染予防としても、海外へご出発される前にしっかりと知識を見につけ、可能な限りの予防対策を行い、安全で楽しい滞在を願っております。

当クリニックでは、コンシェルジュ(看護師)によるカウンセリングや感染症専門医師による診察を行っております。