A型肝炎ワクチン − 1回接種で抗体取得できる“Havrix”やA型肝炎と腸チフスの混合ワクチン“ViATIM”や“Hepatyrix”、A型肝炎とB型肝炎の混合ワクチン“Twinrix”も取り扱っております。

A型肝炎ワクチン [Hepatitis A]

A型肝炎

A型肝炎 [Hepatitis A]の発生状況

A型肝炎発生状況

中国、インド、東南アジア諸国、中東諸国、南アフリカ諸国、南米諸国、カリブ海諸国(いわゆる 日本を含めた先進国以外の全世界)

A型肝炎のワクチン接種をお勧めする方

ウイルス性A型肝炎に感染する可能性のある国へ旅行する方は接種をお勧めいたします。

60歳未満では抗体保有率が低いため、接種をお勧めします。

A型肝炎の感染原因と症状

感染

A型肝炎は、A型肝炎ウイルス(HAV)によって引き起こされるウイルス感染症です。A型肝炎ウイルスは85℃で2分間加熱すると死滅します。
A型肝炎ウイルスは経口感染(飲食物を摂取することで感染)しますので、汚染された水や氷、甲殻類、汚染された水で洗われた果物や野菜(サラダ)を生で食べないように注意する必要があります。

症状

A型肝炎ウイルスの潜伏期間は平均28日(15-50日)です。感染すると倦怠感が強くなり、黄疸(皮膚や目の黄染)、発熱、不快感、食欲不振、強い腹痛や下痢をもよおし、重症になると1〜2ヶ月以上の入院が必要になる場合もあります。幼児(6歳以下)では70%が無症状。一般的に死亡率は0.8%と低いですが、50歳以上では死亡率は1.8%と高くなります。

A型肝炎を予防するには

ウイルス性A型肝炎に感染する可能性のある国へ旅行する方は予防接種をお勧めいたします。

当クリニック取り扱いA型肝炎ワクチン

輸入ワクチンのA型肝炎ワクチン“Havrix”とA型肝炎・腸チフス混合ワクチン“ViATIM”や“Hepatyrix”は1回接種で充分な免疫ができるので、ご出発までに日数が少ない方にもお勧めです。抗原量を多く含んでいるので(日本製ワクチンの2倍量)、抗体が産生され易く、免疫も長期間持続します。

【重要事項】

当院では、欧米各国で広く承認されている“Havrix”,“ViATIM”,“Hepatyrix”,“Twinrix”を輸入しております。これらのワクチンは現在日本では製造されておらず、厚生労働省の承認もありません。輸入ワクチン製剤を利用して副反応が生じた場合は、医薬品副作用被害者救済制度が利用できない可能性がありますので、ご希望の方は予めご了承頂く必要がございますのでご注意下さい。

※輸入ワクチンのため国内のワクチン救済制度は利用できませんが、輸入業者による輸入ワクチン副作用被害救済制度が設けられています。当クリニックはこの制度を導入している業者からのみ輸入しております。

ワクチンの種類 A型肝炎 A型肝炎 A型肝炎&腸チフス混合
*現在在庫切れ
A型肝炎&B型肝炎混合
  エイムゲン A型肝炎ワクチン Havrix GlaxoSmithKline社 ViATIM Sanofi Pasteur Twinrix GlaxoSmithKline社
商品名 エイムゲン Havrix ViATIM Twinrix
生産 国産 輸入 輸入 輸入
販売元 化血研 GlaxoSmithKline社 Sanofi Pasteur社 GlaxoSmithKline社
基礎接種回数** 3回
(0、2-4週間後、6ヶ月-2年後)
1回 
追加接種:6ヶ月-1年後
1回
Havrixの追加接種:6ヶ月-1年後
3回
(0、4週間後、6ヶ月後)
(至急接種:0、1週、3週、12ヶ月)
基礎接種後の
抗体価持続期間
5年 基礎接種後:1年
追加接種後:15年以上
A型肝炎:基礎接種後:1年
      追加接種後:15年以上
腸チフス:3年
15-20年
抗体価がつく目安 2回目接種後
接種後2週間後 接種後2週間後 2回目接種後
軽度の副反応* 接種箇所の痛み・発赤・腫れ、頭痛、倦怠感、筋肉痛
重篤な副反応* アレルギー反応(アナフィラキシーショック等) 頻度:極めて稀
接種禁忌者* 高熱、急性疾患、過去の接種で重篤な副反応があった人 過去の接種で重篤な副反応があった人 過去の接種で重篤な副反応、高熱があるとき 過去の接種で重篤な副反応があった人

*)掲載内容は全てではありません。
**)3回目の接種時期は、初回日から計算した日数です。

A型肝炎ワクチンのよくある質問

輸入のA型肝炎ワクチン“Havrix”について詳しく教えて下さい。
HAVRIXは日本で接種されているA型肝炎ワクチン(エイムゲン)に比べて次のような違いがあります。

  • A型肝炎ワクチン(エイムゲン)は予防としての抗体価を取得するには2回接種する必要があります。そのため、出発までに充分な時間のない方は1回のみの接種でご出発となるため、十分な免疫を得られないまま渡航することになります。一方、“Havrix”は1回の接種後約2週間後には予防としての抗体価を期待できるため、A型肝炎の汚染地域へ出発するまでの期間が比較的短い方に対しても十分な予防が可能です。
  • 抗体価の持続性については、国産のA型肝炎ワクチン(エイムゲン)は3回接種して約5年持続すると言われています。5年ごとに1回の追加接種を行うことで抗体価を維持できます。一方、“Havrix”は1回の接種で抗体価が約1年持続し、1年後に追加接種をすると約15-20年間も持続します。
  • 世界で広く普及しているA型肝炎ワクチンの種類はこの“Havrix”をはじめ、MERCK社の“VAQTA”、Sanofi Pasteur社の“AVAXIM”、Crucell社の“EPAXAL”があります。また、GlaxoSmithKline社のA型肝炎と腸チフスの混合ワクチン“Hepatyrix”やA型肝炎とB型肝炎の混合ワクチン“Twinrix”などがあります。
3回目の接種時期には日本にいないのですがどうすればいいですか?
国産のA型肝炎ワクチン(エイムゲン)の3回目の接種時期は初回接種時期から約6ヶ月以降です。そのため、多くの方がすでに渡航されているケースが多いです。現地のクリニックや病院で3回目として接種する方も多いようです。但し、海外で幅広く流通しているHavrixなどのA型肝炎ワクチンの多くは追加接種を入れると2回で完了するワクチンがほとんどです。その為、3回目の接種を必要とする日本製のワクチン接種スケジュールを知らないと、3回目は不要と接種をしてもらえないことがあります。3回目の接種を海外で行う可能性がある場合は、輸入ワクチンで接種することも検討されると良いです。接種環境については、先進国の医療機関であればさほど心配される必要はないかと思いますが、後進国ではワクチンの保管状態、注射針をきちんと取り替えているかなど衛生状態も懸念する必要があります。
A型肝炎ワクチンは他のワクチンと一緒に接種できますか?
はい。当クリニックではA型肝炎ワクチンと他のワクチンと同日に接種可能です。(医師が必要と認めた場合には、接種ができます)。

トラベルクリニックとして

日本で生活する上では気にすることのない感染症。しかし、上・下水道施設が整備されて、非常に衛生的できれいな日本にはない感染症が世界にはたくさんあります。日本国内にはない感染症ですから、その感染症に対して無防備な状態で現地に飛び込んでしまったら、どうなるでしょう?感染症には軽症ですむものから重症化し入院や時にはあなたの命にまで危険が及ぶ怖い感染症もあります。健康である方も感染症にはかかります。

ワクチン接種を行うことによって、体の中に抗体(免疫)を付けてから現地に赴くことやワクチン開発のない(または開発中の)感染症からどのように身を守るかが大変重要です。

海外生活をより楽しくそして安全に過ごしていただくために、品川イーストクリニックではトラベル外来を実施しております。

海外で行われている予防医学学会へ積極的に出席することで、海外の医師との意見交流を行い、お越し頂く患者様へ的確なアドバイスを行っております。ご自身の身を守ることはもちろん、周囲への二次的感染予防としても、海外へご出発される前にしっかりと知識を見につけ、可能な限りの予防対策を行い、安全で楽しい滞在を願っております。

当クリニックでは、コンシェルジュ(看護師)によるカウンセリングや感染症専門医師による診察を行っております。