ジフテリア・百日咳・破傷風三種混合ワクチン(DPT) −百日せきの発生状況や予防接種についてのご案内

破傷風・ジフテリア・百日咳 三種混合ワクチン [Tetanus/Diphtheria/Pertussis]

Tdap(破傷風・ジフテリア・百日咳 三種混合ワクチン)

※日本では四種混合ワクチン(DPT-IPV:百日咳・ジフテリア・破傷風・ポリオ)に含まれています。 ここでは、百日せきについてご説明いたします。

※2012年11月から定期定期接種に四種混合が導入

※2016年7月15日をもって有効期限内にある三種混合ワクチンは終了
今後はDPTP(4種混合DPT-IPVとも表記)となります。DPTPはDTP+IPV(不活化ポリオ)を足したワクチンとなります。

※百日咳とジフテリアの単独ワクチンは現在生産されておりません。

※成人の方の追加接種としてはTdap(破傷風・ジフテリア・百日咳の混合ワクチン)の接種を推奨します。

百日せきの発生状況

先進国を含め、世界中で散発的な発症が見られます。これには百日咳菌の変異も考えられますが、百日咳トキソイドの追加接種率の低いことが指摘されています。

Tdap(破傷風・ジフテリア・百日咳 三種混合ワクチン)接種をお勧めする方

日本では、破傷風の単独トキソイド(Tetanus Toxoid)があるので、多くの方は破傷風の単体ワクチンを接種していますが、10年以上も百日咳トキソイドの接種を受けていない場合には、百日咳トキソイドを含むDPTやTdapの接種もお勧めです。

百日咳の感染原因と症状

感染

百日咳菌の飛沫感染で起る急性細菌性疾患です。兄弟や周囲の人から感染を受けます。この菌が出す毒素(トキシン)が上気道の繊毛を攻撃して、炎症を起こします。その結果、激しい咳が数週間も続く、上気道感染症です。

症状

潜伏期間は通常7-10日ですが、時には6週間程してから発症することもあります。初めのうちは風邪のような微熱、鼻水、咳が続きますが、1-2週間後には呼吸ができないほどの激しい咳発作が続きます。呼吸ができなくなり、無呼吸になる場合もあります。大人の感染では、抗生剤によって直すことが可能です。

百日咳を予防するには

予防接種をお勧めします。
日本では、2012年11月の定期接種には四種混合ワクチン(DPT-IPVワクチン)に含まれています。
(1968年から全国の定期接種で行われた三種混合ワクチンDPTに含まれています。)

当クリニック取り扱いDTPワクチン

国内生産では、DPT-IPV(百日咳・ジフテリア・破傷風・ポリオ混合)のワクチンがあります。小児を対象とした4種混合ワクチンです。

輸入ワクチンでは、Tdap(破傷風・ジフテリア・百日咳混合)のワクチンがあります。成人(思春期以降)を対象とした3種混合ワクチンです。

両者の違いは抗原力価が異なります。

【重要事項】当院では、欧米各国で広く承認されている“Tdap”を輸入しております。“Tdap”は、現在日本では製造されておりません。厚生労働省の承認もありません。輸入ワクチン製剤を利用して副反応が生じた場合は、医薬品副作用被害者救済制度が利用できない可能性がありますので、ご注意ください。

※輸入ワクチンのため国内のワクチン救済制度は利用できませんが、輸入業者による輸入ワクチン副作用被害救済制度が設けられています。当クリニックはこの制度を導入している業者からのみ輸入しております。

ワクチンの種類 DPT-IPV *小児用
(百日咳・ジフテリア・破傷風・不活化ポリオ)
Tdap
(破傷風・ジフテリア・百日咳)
  4種混合 百日咳ジフテリア破傷風不活化ポリオ boostrix GlaxoSmithKline社
商品名 沈降精製百日せき・ジフテリア・破傷風・不活化ポリオ(セービン株)混合ワクチン
(DPT-IPV)
boostrix
生産 国産 輸入
販売元 田辺三菱製薬株式会社 GlaxoSmithKline社
接種回数** (定期接種に準じて) 定期接種後の追加接種として1回
抗体価がつく目安 基礎接種からは始める方は、2回接種後2週間後
軽度の副反応* 注射部位の痛み・発赤、腫れ、発熱、頭痛、関節痛など
重篤な副反応* アナフィラキシー症状、脳症、けいれんなど:極めて稀
接種禁忌者* 高熱、危篤な急性疾患、過去にアナフィラキシー症状がある者

*)掲載内容は全てではありません。
**)3回目の接種時期は、初回日から計算した日数です。
***)大文字、小文字の表記は、トキソイドの含有量が多いものは大文字で、少ないものは小文字で表しています。 aPの ”a”はacellular=非細胞性を意味し、百日咳の菌体成分を除去していることを示します。

Tdap(破傷風・ジフテリア・百日咳 三種混合)ワクチンのよくある質問

アメリカ留学に伴い、大学からTdapの接種を求められました。DPTの接種でもかまいませんか?
Tdapの追加接種を要請される場合は、Boostrixの接種をご検討下さい。日本で生産されているDPTは小児対象ワクチンですので代用が可能かは留学先が判断することになります。
オーストラリアに在住しています。最近子供が生まれ、日本から両親がくるのですが、Tdapの接種をしてくるように言われました。
海外の出産に際して、新生児に接触する可能性のある方(ご主人や祖父母、叔父叔母など)に、百日咳ワクチンの接種が要請されることがあります。Tdapに含まれる「aP」は約5年程の免疫効果しか期待できませんが、新生児の百日咳ワクチンが終了するまで(1〜4年)は、充分有効です。

トラベルクリニックとして

日本で生活する上では気にすることのない感染症。しかし、上・下水道施設が整備されて、非常に衛生的できれいな日本にはない感染症が世界にはたくさんあります。日本国内にはない感染症ですから、その感染症に対して無防備な状態で現地に飛び込んでしまったら、どうなるでしょう?感染症には軽症ですむものから重症化し入院や時にはあなたの命にまで危険が及ぶ怖い感染症もあります。健康である方も感染症にはかかります。

ワクチン接種を行うことによって、体の中に抗体(免疫)を付けてから現地に赴くことやワクチン開発のない(または開発中の)感染症からどのように身を守るかが大変重要です。

海外生活をより楽しくそして安全に過ごしていただくために、品川イーストクリニックではトラベル外来を実施しております。

海外で行われている予防医学学会へ積極的に出席することで、海外の医師との意見交流を行い、お越し頂く患者様へ的確なアドバイスを行っております。ご自身の身を守ることはもちろん、周囲への二次的感染予防としても、海外へご出発される前にしっかりと知識を見につけ、可能な限りの予防対策を行い、安全で楽しい滞在を願っております。

当クリニックでは、コンシェルジュ(看護師)によるカウンセリングや感染症専門医師による診察を行っております。