黄熱病ワクチン − 黄熱病ワクチンの解説。黄熱病ワクチンは各検疫所又は検疫衛生協会での接種となります。

黄熱病ワクチン [Yellow Fever]

※各検疫所又は検疫衛生協会での接種となります。当クリニックでは取り扱いはありません。

黄熱病ワクチン [Yellow Fever]の発生状況

※2017年1月 更新

2017年1月更新 黄熱病危険エリア

黄熱病発生状況

熱帯アフリカと中南米の地域に見られます。

 

  • 黄熱流行国からの入国者および流行国経由の入国者に国際接種証明書の提示を求めてる国があります。
    黄熱ワクチン接種が義務付けられている場合や推奨されているかは「黄熱予防接種国・地域別の情報」でご確認下さい。
    幾つかの国を経由する場合、日本から直接入国する場合には黄熱ワクチンが必要なくても、経由国からの入国の際には要求されるケースもあります。
  • 黄熱ワクチンの接種が必要な方は、早めに検疫所または検疫衛生協会にてご予約下さい。黄熱流行国に入国する10日前までに接種が完了してなければなりません。
  • 黄熱ワクチン以外のワクチン接種を希望される場合:
    黄熱ワクチン接種後27日間は他のワクチンを接種することができません。そのため、他のワクチンを先に接種又は同日に接種する必要があります。
    当クリニックでは、同日接種や輸入ワクチンの利用により、効率よく最短スケジュールで接種いたします。ご希望の方はお気軽にお電話下さい。

黄熱病とは

黄熱病はアフリカや南アメリカの一部に生息するある種の蚊によって伝染する急性のウイルス疾患です。 黄熱病は感染した蚊に刺された後3日〜6日経って軽度から重篤までさまざまな形の症状がでます。 症状は急激な発熱、頭痛、背部痛、吐き気、嘔吐、衰弱、出血傾向です。この病気で最も特徴的なことは熱が高いにもかかわらず脈拍数が少なく、かつ脈が弱いことです。黄熱病による死亡率は平時の5%から、流行時50%まで大きな広がりがあります。

黄熱病ワクチンの有効性はほぼ100%ですが、予防接種を受けてない人にとっては致死率が極めて高い危険な病気です。

黄熱病ワクチン予防接種証明書(イエローカード)が入国時に必要な場合

旅行先や国によっては黄熱病ワクチンが必要になり、かつ国際予防接種証明書(イエローカード)の携帯が必要です。また、流行国でなくても、流行国からの入国者および流行国経由の入国者に国際接種証明書の提示を求めてる国があります。黄熱病ワクチンの接種は各検疫所にて行っており、接種後イエローカードが発行されます。黄熱病ワクチンの接種は、必要国への入国の14日、少なくとも10日前まで済ませます(抗体ができるのに必要日数)。

黄熱の予防接種証明書(イエローカード)の有効期間について、2016年7月11日以降は、これまでの「接種10日後から10年間」から、「接種10日後から生涯有効」へと変更されました。
現在、既にお持ちの有効期間が経過した予防接種証明書も生涯有効なものとして取り扱われます。また、更新手続は不要です。取得した予防接種証明書は紛失しないように、生涯大切に保管してください。

注意と禁忌

黄熱病ワクチンは生後4ヶ月以内の子供には絶対に接種してはいけません。生後5ヶ月から9ヶ月の子供の場合はどうしても必要な特別の理由がない限り接種してはいけません(生後9ヶ月以上の幼児から必要です)。この年齢の子供は年長の子供に比べて重篤な副作用(脳炎)になる可能性が高い為です。このワクチンは、卵に過敏症アレルギーのある人には接種できません。

また、妊娠、薬のために免疫が低下している人(例えば、癌治療薬や放射線治療中、HIV感染、白血病、悪性リンパ腺など)は医師の診断をお受け下さい。その結果、黄熱病ワクチンの接種が困難であれば、黄熱病ワクチンを要求する国の大使館あるいは領事館から了承を得る必要があります。

※黄熱病ワクチンは、検疫所または、検疫衛生協会のみでの接種となります。

黄熱病ワクチンを受ける方からのよくある質問

そちらのクリニックで黄熱病ワクチンは接種できますか?
いいえ、できません。黄熱病ワクチンは検疫所又は検疫衛生協会のみで取り扱っているワクチンです。ご予約やお問合わせはお近くの検疫所又は検疫衛生協会へ直接お問合わせして下さい。
黄熱病ワクチンとA型肝炎ワクチンを接種希望です。予約をする際の注意事項はありますか?
黄熱病ワクチンは生ワクチンという種類のワクチンですので、基本的に接種後1ヶ月は他のワクチン接種はできません。ですので、接種スケジュールを立てる際には黄熱ワクチンは最後に接種するようにしましょう。当クリニックでは黄熱病ワクチンとA型肝炎などの不活化ワクチンの同日接種を行っております。黄熱病ワクチンのほかにも接種するワクチンがございましたらお電話にてご相談下さい。接種スケジュールをご案内させていただきます。

トラベルクリニックとして

日本で生活する上では気にすることのない感染症。しかし、上・下水道施設が整備されて、非常に衛生的できれいな日本にはない感染症が世界にはたくさんあります。日本国内にはない感染症ですから、その感染症に対して無防備な状態で現地に飛び込んでしまったら、どうなるでしょう?感染症には軽症ですむものから重症化し入院や時にはあなたの命にまで危険が及ぶ怖い感染症もあります。健康である方も感染症にはかかります。

ワクチン接種を行うことによって、体の中に抗体(免疫)を付けてから現地に赴くことやワクチン開発のない(または開発中の)感染症からどのように身を守るかが大変重要です。

海外生活をより楽しくそして安全に過ごしていただくために、品川イーストクリニックではトラベル外来を実施しております。

海外で行われている予防医学学会へ積極的に出席することで、海外の医師との意見交流を行い、お越し頂く患者様へ的確なアドバイスを行っております。ご自身の身を守ることはもちろん、周囲への二次的感染予防としても、海外へご出発される前にしっかりと知識を見につけ、可能な限りの予防対策を行い、安全で楽しい滞在を願っております。

当クリニックでは、コンシェルジュ(看護師)によるカウンセリングや感染症専門医師による診察を行っております。